アクセス解析
中国茶ボイス > 店長が斬る!中国茶の淹れ方・後編
中級茶藝師店長の魂

店長が斬る!中国茶の淹れ方・後編

お茶は入れないで・・・・・淹れて下さい!by店長

前回(前のページ)の持ち方とは、変えています。これは、福建省や潮州で見られる蓋碗の持ち方です。親指で蓋を押さえて、中指で蓋碗の裏を持っています。

この淹れ方は、男性が淹れると格好いいですが、女性の方が淹れるとワイルドな感じがします。(^^;)

なるべく全ての杯が同じ量になるように心がけながら淹れましょう。

お茶が冷めないようにスピーディーに行う事が一番重要です。お茶の香りに影響がありますので、ささっと淹れることがベストです♪

ここで、やっと淹れ終わりました。後は、ゆっくりとじっくりと中国茶味わって下さい。

透き通るような香り。
舌を転がすような味わい。
鼻から蘇る香り。

まさに芸術の領域だと感じます。(^^)

このように杯托(bei1 tuo1)茶托(ちゃたく)にのせ、お客様に提供させて頂きます。

お茶が培ってきた香り・味・後味をしっかりと味わって下さい。

ストレスなどをあまり感じずに落ち着いた状態で中国茶は、飲んで頂きたく思います。

ここでは、蓋碗の使い方を紹介させて頂きます。

慣れないうちは、蓋碗の蓋をこのようにずらし、茶湯(cha2 tang1)を見ながら、お茶を淹れましょう。

※茶湯:お茶の色の事を指します。(中国語)

もし、一人で中国茶を楽しむ場合は、このように蓋碗を持ちます。

そして、蓋で茶葉が口に入らないように押さえながら、お茶を頂きます。中国では、八宝茶などを頂く時は、このようにして飲みます。

正式な飲み方です。

男性の方限定の飲み方

一人で中国茶を楽しむ際に男性の方は、このようにしてお茶を頂くことも出来ます。

片手で蓋碗を持って頂き、お茶を飲むことが出来ます♪

私は「左手に蓋碗。右手にマウス。」これが基本姿勢ですね。(^^;)

上記の持ち方を横から写真を撮りました。

このような指のポジションです。
人差し指が少し熱いと思いますが、お気を付け下さい。

格好良く飲むのが最大の秘訣です!(^^;)

上から見た感じはこのようです。このように蓋碗を少し傾けるとお茶が見ることが出来ますね。

そして、茶葉も出てきていませんね。ゆっくりとお茶の味を味わって下さい。

わかりにくい場合は、店長にメールを下さい。詳しく解説させて頂きます。

店長が使っている茶道具セットは、これで全部です。

蓋碗・茶海・杯・茶漉し・茶漉し置き・茶盤でOKです。

このセットでこれからも中国茶を紹介させて頂きます。

・蓋碗(gai4 wan3)

中国茶をおいしく淹れるのに必須の茶器です。

お茶を淹れる以外にも自分で飲むことも出来ますので非常に便利な中国茶器です。

・茶漉し(cha2 ge2)

蓋碗から茶海に淹れる際に使う道具です。

細かい茶葉の場合、蓋碗から茶海に注ぐ際、茶葉が出てきますので、その茶葉が茶海に入らないように使用する道具です。

・茶海(cha2 hai3)

蓋碗で淹れたお茶をここに一度淹れ、濃さを同じにします。

お茶の濃さが均等になるようにこの茶海に淹れ、ここから各杯に淹れます。

・杯(bei1)

日本で言えば「湯飲み」と同じ役割の茶器です。

日本の湯飲みは、大きいのに比べ、中国茶の杯は、非常に小ぶりです。

これは、お茶の1煎、2煎、3煎と変わりゆく中国茶の味を楽しむ為です。

ついに完成しました。

中国茶を淹れるというのは、淹れた事の無い人から見れば非常に面倒な事だと感じ
ると思います。実際にその気持ちは、私もわかります。
しかし、茶葉が今まで培ってきた素晴らしい香り・味・後味を100%頂くには、
きちんと淹れなければその100%は、頂くことは出来ません。

楽しみながら、ゆっくりと勉強していければ良いな。と店長は思っております。
これからも色々な淹れ方を少しずつゆっくりと解説します。

中国国家公認資格・   大高勇気判子 
高級評茶員高級茶藝師:大高勇気

高級茶藝師店長こと大高勇気の魂がここに。
【茶藝師店長ボイス】
 ├voice1 茶藝師店長自己紹介編
 ├voice2 中級茶藝師という中国国家公認試験
 ├voice4 以茶會友と私
 ├voice5 安渓鉄観音
 └xinnian 2005年の感謝

▼ 【高級茶藝師コラム】
 ├お茶は入れずに淹れる
 ├ビッダーズ店閉店について
 ├私達の安渓鉄観音(ウーロン茶)への愛
 ├高いお茶はおいしくない
 ├中国茶器と店長の大戦争
 ├中国マーケットが乱れ中
 ├その中国茶は本物?
 ├中国茶を学ぶ
 ├中国茶の種類って?
 ├中国茶の産地を学ぶ♪
 ├茶藝師店長24歳の決意!
 └中国茶・2005.8.25

▼ 【茶藝師店長による中国茶の淹れ方】
 ├茶藝師店長が淹れる中国茶・前編
 └茶藝師店長が淹れる中国茶・後編
▼ 【以茶會友】
 〜私が中国茶に対する気持ち〜

▼ 【茶藝師店長の原産地訪問!】
 ├提携会社のお茶畑「安渓鉄観音
 └湖南省の代表茶葉「君山銀針

【茶藝師店長が斬る!】
 ├獅峰龍井
 ├雲南紅茶
 ├雲南沱茶
 ├ダイエットゴーヤー茶
 └安渓鉄観音

▼ 【茶藝師店長と博覧会へ】
 ├2005年6月広州国際茶博覧交易会
 └2005年9月杭州中国国際茶文化研究会訪問

▼ 中国土産
▼ CL中国茶館
▼ 中国茶メルマガ
▼ 茶藝師店長メルマガ
▼ 中国茶ブログ
▼ 中国茶プレゼント

 特定商取引法に基づく記載 Copyright(c) 2008 中国茶ボイス All rights reserved.